まだ行ってないの?つけ麺紹介~BASSOドリルマン~

スポンサーリンク
14
14

お疲れ様です、yuta14です

 

今回はつけ麺企画第7弾!

舞台は初めての池袋。僕は結構利用するエリアになっています。池袋もかなりのラーメン激戦区で、レパートリーも豊富なエリアです。ただ、欠点としては新宿同様、駅が広いので駅から〇分といっても実際に改札を出てからかかる時間はどこも多いです。行きつけで一番近い駅チカのところでさえ、5分はかかりますね。そして今回紹介するお店はその中でも群を抜いて時間がかかります 笑

BASSOドリルマン

今回紹介するお店はこちら。名前がかなり特徴的なお店になっています。

基本データ

住所・東京都豊島区西池袋2-9-7 プエルト西池袋 1F

営業時間・11:30~15:30 18:00〜21:00

定休日・月曜 

立地

正直遠いです 笑

大体15分かかるかどうかぐらいです。何度か行ったことのある自分ですら”あれ、こっちでいいんだっけ?”と不安になるようなぐらいな住宅街に突然現れるカフェのようなお店です。

お店自体はかなり綺麗で女性1人でも入りやすい雰囲気のいい内装。おしゃれです。外の待つスペースもシャレオツな椅子が置いてあります。前いったときは違う椅子が出ていたり、記憶が正しければベンチが置いてあったときもあったような。

メニュー

・つけそば 850円

・HOT BASSO 950円(辛つけそば)

・中華そば 800円

・ABURASSO 800円(油そば)

主要メニューはこのあたり。ここに濃厚バージョンがあったりトッピング全部乗せだったり。

こちら特製つけそば1100円。いわゆるトッピング全部乗せたやつです。

チャーシューがめちゃくちゃに美味い。麺やスープはいわゆる濃厚醤油系。王道的な佇まいで尖った特徴はほとんど無いが全てが高レベル。得意科目はないけど全てが85点を超えるような優等生タイプ。内申点も高いです。中太麵で国産小麦を使っているのも推されているポイント。中盛りまでは無料で変更可なのも嬉しい。

こちらはABURASSO。いやどう考えても美味いやん。2種類のお肉が非常に美味しい。個人的に油そばにタマネギ入ってるの非常に好きなのでありがたい。また油そばですがスープ割りを出来るのも特徴。ちなみに油そばでスープを足すという概念があるお店は最近多くなっている気がする。スープを足すと魚介系のラーメンに早変わり。若干味濃いめなので味濃いのがきつい方は早めのスープ割りの投入を。こちらも中盛りまで無料なのが嬉しい。

まとめ

池袋のこんな立地ながらしっかりと大人気の有名店である。祝日に開店15分前に行き25人待ち1時間。出るときには40人待ち。なんて事例もあるらしい。まあ有名店にはつきものですが、そのなかでは立地のせいで比較的空いてる傾向にあると思います。時間を外せば並ばずに直で入ったこともありますし。是非試して見てください。

東京行きたい

 

前回→慶應ボーイと一緒に行く東京駅の名店

次回→

コメント