【解説】第4弾ドラゴンin空船!!

スポンサーリンク
14
14

お疲れ様です、yuta14です

解説企画第4弾です。

テーマは”ドラゴンin空船”

簡単に解説すると援軍でもらえる空兵器でドラゴンをもらいクイーン処理をするというものです。

最近綾瀬さんやけいすけさんの方でも動画が上がっていますが、こちらはth10バージョン。違いはドラゴンが1体しか出ないことでしょうか。

いろんな使い方がありますが今回は普通にラバルの中に混ぜて使うパターンです。昔のGowipeのペッカの使い方に似てます。それの空版。

兵器は角度を間違えなければ逸れないので、クラクラ公式さんもペッカは流れてもいいんです!とか言わなくて済みます。

メリット

・相手のクイーンをドラゴンで倒すためスケルトンの呪文が必要ない。単純に呪文を比べた場合、クイーン処理とちょっとだけタゲを取る用のスケルトンより全体を数秒守れるフリーズの方が自分は強いと思ってます。

・クイーン処理後に防衛施設のタゲを取ってくれる。

・クイーン周りにボムタワーが何個あっても関係ない。スケルトン処理が難しい配置もアタック対象に入ります。

・敵の援軍もドラゴンに任せられる。

・空スケルトンも倒してくれる。

・35枠の内訳は20/30がドラゴン。15/30がmaxバルーン。援軍から出る順番的にバルーンが先に出るのでドラゴンがホーミングを食らう、なんてことはおきない。

こんなところでしょうか。クイーン処理がスケルトンより簡単とか、クイーン処理しないのでヒーローパート別で使えるとか副作用も。

デメリット

では逆に悪いところはどこでしょうか。

・貴重な空兵器を使ってしまう。これが一番でかいです。兵器はかなり強力なのでほんとに、そこへの使用でいいのか。例外はありますが、IT孤立配置みたいなのがあればそこへ兵器を使うほうがいい場合が多いです。しっかり配置を見定めて刺さる配置を選ぶことが大事。

・呪文枠が空く代わりにラバルの数が減る。援軍のmaxラバルもmaxバルーンも使用できません。普段そこで賄ってたところ自前で持っていく必要があります。

・空兵器がクイーンまで届かない、逸れると処理ができなくなる可能性がある。最近はホーミングを空兵器用に配置してくるところも多くなりました。なので空兵器も守っていく必要が生まれてきます。ちなみにこの戦術をまねて兵器の解除を忘れてクイーンを通り過ぎドラゴン処理をミスってる人も生まれています。この辺も大事。

上の二つがメインであり、かなり重要。要は刺さらないところに持っていくと事件が起きますよってこと。

 

例を取ってみてましょう

2本あるので1本づつ。

 

1本目

・初見。援軍は小物でした。

・0時側の紺色はボウラーです。壁際にスペースないので削れるのは確定。外周でたらバルーンで潰します金山とかにダメージ入らないようにつぶす予定でした。多少入ってもクエイクあるしなんなら残ってもokぐらいで。

・ヒーローパートは10時から歩かせてwt2個とat2個を狙っていきます。わんちゃんでIT。ここはテスラとか罠見えてないので折れない計算で行きます。

・援軍連れてもいいようにthにボウラーがいき、ボウラーが死んでたら一度アチャで釣ってから空スタートです。

・今回は空の話ではないので割愛。

10v10 スーサイドドラゴン1

空兵器をラバを盾にやや遅れて出していきます。そのため結構なフルHPでクイーン上での解除になりました。

確実にクイーンの上で落としつつ、援軍がしぶとかったのでフリーズを落としました。結果的にクイーンと援軍と空スケルトンを処理してくれています。ナイスなドラゴン。

2本目

・非初見。援軍はラバなので無視します。

・面で押し上げてちょい遅らせてクイーンにドラゴン。

10v10 スーサイドドラゴン2

こちらは全体的に呪文がひどいんですがそれは置いといてドラゴンに注目しましょう。ドラゴンがクイーンを処理したのちにクロスのタゲを取ってくれています。

ボムタワーが若干かかりそうな位置でも難なく処理。雑魚乙です。

 

まとめ

どうだったでしょうか。新しく目次機能をつけました。(そこじゃない)

海外では結構流行ってるみたいなんですが日本ではあまり見てなかったので刺激が欲しくてドラゴン回にしました。

確かに今回の配置が甘いのもあるんですが、刺さる配置は必ずあると思うので視野に入れるはありだと思います。

また、ラバルだけじゃなくてクイヒーだったり、穴掘りラッシュ、ゴレホグに混ぜるのも全然ありですね。

どらごんください(15/20)

コメント