【サッカー】CLトッテナムvsバルセロナ観戦記

スポンサーリンク
14
14

お疲れ様です、yuta14です

今回は日本時間10/4の4:00キックオフにて行われた

トッテナムホットスパーvsFCバルセロナ

の試合の観戦記を付けていこうと思います。

DAZNは今年からチャンピオンズリーグの放映権も獲得し、観れるようになりました。自分はこの試合をDAZNで観ます。

・見所は前節逆転負けを食らったトッテナムvs前節ハットトリックのメッシとの対戦というところでしょうか。

馴れ初め

さて、自分はかれこれ10年ぐらいのトッテナムファンなわけですが、ここ最近はトッテナムはおろかサッカー自体をほとんど見ていない状態でした。CLの決勝とワールドカップぐらいですね。

もう完全に現代サッカーにおいては”浦島太郎”状態なのですが、それでもトッテナムやモドリッチの情報についてはたまにチェックをしていました。

ほんでもって今年はクロアチアがワールドカップで大躍進し(準優勝)、バロンドールもモドリッチが獲得。一番好きなサッカー選手がここまで活躍するのならばやはり好きなチームの試合ぐらいは久しぶりに観てやろうじゃないか!と、何故か上から目線になるわけです。

自分の観てた時代とはメンバー違うんだろうなあと思いつつ、当時のメンバーがまだいたらだいぶ懐かしく感じそうです。

昔話

ちなみに自分はモドリッチが移籍する前のシーズン11-12はトッテナムの試合は全試合観てました。ベイルのラストシーズンの12-13シーズンもカップ戦やオープン戦まで全て観てましたねー懐かしい。FCベイルなんか言われてね。ケインがまだ控えで出始めの頃です。そしてエリクセンがやってきてビラスボアスやらなんやらが監督に入り、今のポチェッティーノへ。ポチェは就任当初から自分は高感触だったのでコストカッターリビ会長には絶対首きるなよと念じていました。

非常に懐かしい。あの時代はユースの有望株とかまで把握してFIFAで選手作成して遊んでました 笑

トッテナムvsバルセロナ

もっと話したいことはあるのですがトッテナム愛は十分伝わったかな、というところで打ち切り、またの機会に。本日の試合の方へ移りましょう。

久しぶりに観ますがスタメンでスパーズの選手でスパーズにいるのを知らなかった選手はなし。少し安心しました。なかでもウィンクスだったりベンチのピータースとかあの頃のユース上がりの選手がしっかりメンバーinしてるのは親心じゃないですが、くううーーってものはありますね。相手はコウチーニョスアレスと、リバプールを思い出させる組み合わせ。スターリッジがメッシに変身ですね。(せこい)

前半 0-2

開始1分半で点とられたんご。

28分。メッシ上手い→スアレス上手い→コウチ上手い→ラキティッチ上手すぎ(泣)いやあのミドルはスーパーゴール。これで0-2。

1失点目のあれはなーちょっと中盤軽すぎたしロリスは久しぶりの実戦だし、あそこ飛び出すタイプのキーパーだし、ロリスだけの責任にはしないであげて欲しいというのが本音。2点目はうーん、崩しが上手いってことにしておきましょう。

後半 2-2 合計 2-4

後半開始。ケインの上手い切り返しから1点ゲット!ケインらしい仕掛けでしたね、懐の深いシュートフェイントはリアルタイムで観てるとこっちからでも引っ掛かります。

反撃ムードになったのも束の間、メッシにメッシされます(語彙力)千鳥ノブが観てたら間違いなく「メッシがいちいち上手いんじゃあ」言っていたことでしょう。

ちょっときつい展開が続く中、反撃。ラメラのシュートがDFに当たってゴール。名手テアシュテーゲンもあれは厳しい。若干の運も味方に付け2-3とします。

そこから後半ラスト15分はかなりスパーズペースでルーカスモウラとケインを中心に惜しい攻めが続きました。ロリスのミスもトビーがナイスカバー。トビーは4点は取られたものの試合通して悪いパフォーマンスだったようには思えないです。しかし点が取れずにいると最後最終ラインのパスをカットされ何故かフリーのメッシのもとへ。確実に決められゲームセット。

まとめ

久しぶりに観たんですが、やはりスパーズってだけで面白く観れますね、これがファンなんだってことだと思います。結果から見ると惨敗ですが内容的には悲観するほどのものではなかったように見えました。とりあえずメッシOP絶対に死なないクイヒーが切り込んでくる恐怖がありました。

いちいち上手い。そこに今日はアルトゥールが非常に効いてました。自分ならメッシの次に評価点高いのは彼にしますがどうでしょうか。あとジョルディアルバが毎度いいタイミングで上がってきてケアしきれずチャンスを作られることが多かったですね。

スパーズ側はルーカスモウラが点は取れなかったもののいい働きをしてチャンスを演出。ただ、怪我人多発がかなり響いてましたね。エリクセンアリも両方いないのはきつい。2列目に交代で出てくるのがシソコて…

交代カードの選択肢のなさがかなり響いてました。ダイアーシソコジョレンテも全くゲームに入れず。ダイアーに関しては切らされたにちかかったですが、結果的にまったくいい交代には思えませんでした。が、切るカードがほぼないのも事実。この夏補強が出来なかったのが痛かった。

またモドリッチ移籍以降、中盤の核となる選手が未だに出てこないのも事実。B2Bタイプの選手だったりクラッシャー、ダイナモタイプの選手は出てきてますが未だにゲームを作れるタイプは出てこず、エリクセンを欠くと単調な攻めになりがち。

結局選手層とクオリティの部分で差が出てしまっているなと感じたこのゲーム。プレミアの中位クラブ相手なら十分勝てる内容ではあった気がしますが、相手はバルサだったという話。やはり万全の状態で挑んで勝てるかどうかといったところでしょう。

さて、久しぶりにこんな時間まで起きているのでかなり眠いし、明日もあるのでここら辺で終わりにします。

公開は恐らく起きてチェックして昼とかになるかな。初めてサッカーの観戦記録を付けたのですが、いかがだったでしょうか。おやすみなさい。

とかいって公開忘れてたのでこの時間になりました。(10/4,21:54)

コメント