【大つけ麺博】第一陣行ってきました!

スポンサーリンク
14
14

お疲れ様です、yuta14です

先日宣伝したこちら

2018大つけ麺博・日本一決定戦!10/4スタート!!
14 お疲れ様です、yuta14です 今回はつけ麺回&イベントのお知らせです みなさんは”大つけ麺博”というものをご存知でしょうか こちらです。毎年この季節に新宿の歌舞伎町...

大つけ麺博行って参りました。

大つけ麺博と銘打たれたイベントではあるんですがラーメン日本一決定戦”と書いてあり、結局どっちでもいいから混ぜました的なやつです。おそらくどちらか片方にしぼるより客足が見込めるんだと思います。

去年との違いや第一陣の超個人的な感想も話していこうかなと思います。

・今年はガチャはなし

前回の記事で去年はラーメンガチャがあり、それによりトッピングなり無料券なり袋麵もらえたりっていう企画があったと書いたのですが、今年は確認しましたがそれはありませんでした。トッピングは各店で直接お支払い、という形になります。

・統一価格が500円→850円

これ単純に痛い。いや、逆に去年が安すぎた。去年は4,5軒回ってたし。特に麵の量とかも増えたわけではないのでまあただの値上げ 笑
ラーメン系で850円は少し高めなので850円の価値に合わせるようにイベント限定メニューで出してるとこもありますね、見た感じ。そうでなくても限定メニューで勝負しているお店ももちろんありますが各店舗がこの850円という価値をどう認識して設定しているか、というのを観るのも面白いかもしれません。

・会場

勘違いかもしれないけど去年より圧迫感がありました。多分仮設トイレが豪華になっていたからな気がするがどうか。去年同様インスタ映えするようなラーメンスタンドコーナーも健在。(使ったことない)

まだ第一陣だから宣伝が足りないのか土曜の夜7時という条件でしたが一番並ぶところで20分程度でした。人がいないわけではないけど列はあまりない。メニューが各店舗1つしかないから高速回転で対応できるっていうのもかなり大きいと思いますが。一緒に行ったフェデラーも言ってましたが、客の年齢層は少し高めだったように思います。

第一陣

第一陣はこちらのラインナップになります。

この中では徳島の王者-23は7時前の段階で完売で、次の日の仕込みをやっておりました。ゴールデンタイムやぞ、嘘やろと思いつつ。

正直自分の中ではこの第一陣を自分の中の前評判一番低く見てました。行ったことあるとこありますし。みなさんはどうでしょうか。あんまり言うと怒られそうですが 笑

中華蕎麦 時雨

記念すべきつけ麺博第一号はこちら、横浜関内よりお越しの”中華蕎麦時雨”

所要時間:約15分程

横浜ということで気軽にいける距離ではないことと、中華ソバベースのものをわざわざ選ぶ機会が少なかったので、名前は何度か見かけたことはありますがこれが初来店。列はここが全体で2番目に混んでいる店でした。

メニューは各店舗1つだけなのですが、スープ割りの部分で特徴が。こちらは毎日出汁を変えて味が違うスープ割りを提供とのこと。長期イベントなので連続してきてもらうためにいい工夫ですね!

肝心の味はというと、かなりあっさり目の中華つけ麺。あまり他に店で例えるのは良くないんでしょうが青葉のつけ麺と近いものがあります。

味自体はかなり完成されていて少し蕎麦に近いようなつけ麺でした。スープに溢れんばかりに入ってるネギとホロホロ鶏も効いていて美味しかったですね。ただ自分としては少し味に物足りなく感じました。(この感覚持ちなので中華ベースはあまり手を出していない)

麺匠 たか松

続いて京都府よりお越しの”麺匠 たか松”さん。

所要時間:約5~10分

名前だけは京都の店ながらこちらでも知ってました。雑誌やイベントでよく載るし。行ってみたかったお店。これも別の店になりますが、つじ田と比較されることが多いとのこと。見た目も中身も同じような感じをしております。すだちに黒胡椒、黒七味。お互いの卓に置いてある注意書きまでほぼ同じ内容、同じ書き方でした。ただ繋がりはないようです。

ただ当然、違うところもあるわけで大きいのが2つ

麺が大きく違うのである。正直見た目の段階では細麺すぎる印象であまり好みではなさそうだなと思って口に運びました。ただその刹那、細麺の意味を瞬時に悟りました。嗚呼、味が付いているのね、と。

なるほど、これはこれでありだなと。これがやりたいから細麺なのね、と。蕎麦に近い感覚ですが蕎麦ではない(当たり前)たまに食べに行きたくなるようなそんな味で、自分はアリだと思いました。

そして次がトッピングの”あおさ”。これは是非しっかり入れて頂きたい。これに関してはあおさ好きの自分の好みもあるんですが、スープが格段と美味しくなります。これがあるので比較されるつじ田とは完全に別物へと。おあさ多め、黒七味トッピングでタマネギは最初にすべて入れ、すだちは半分程度食べてから投入、というリレーが美しくはまります。東京でこの手のつけ麺は食べたことなかったのでこの機会に食べてみて欲しい。

まとめ

実はこの2軒で終了。つけ麺はすべて食べたし、行きたかった藤谷は渋谷にある店にいけるのでスルー。気になる店は他にもあったものの飲みへ。そこへエレンも合流し結局オールで朝5時へ。

次は第2陣、フェデラー、ムッカ、kabaya、エレン、オルボーと行く予定です。

コメント